体位を変えてみる

人によって好きな体位や興奮できる体位は違います。もちろんパートナーの好みもありますが、まずは自分が興奮できる体位を見つけることが大切です。

 

騎乗位が一番興奮するという方もいれば、騎乗位だとあまり快感を得られないため萎えてしまう人もいます。

 

または正常位は動きやすいため快感を得られて勃起が持続できるという方もいれば、マンネリしてしまい興奮できないため萎えてしまうという人もいるのです。

 

さらにパートナーと自分の性器の形や角度によっても快感の得られる体位は変わりますので、勃起が持続できる体位を見つけられるよう色々と試してみるといいかもしれません。

 

その時注意したいのはチャレンジしたことのない体位だとスムーズに入らず、その時の焦りなどで萎えてしまうケースがあります。そのような場合は、入れやすい体位で挿入してから動くことをお勧めします。

 

持続できる体位

体位は人それぞれ好みがありますが、その上で快感を得やすく勃起が持続しやすい体位と言うのを紹介したいと思います。すべての人に当てはまるわけではありませんが、興味があれば試してみてください。

 

揚羽本手(あげはほんて)

正常位の一種で男性は女性に覆いかぶさるようにして足を伸ばしながら挿入します。かなり深く挿入できるため陰茎全体に快感がおよび、多少萎えても深く入っているので抜けずらいのが特徴です。

 

また足ピンをすると太ももに力が入り勃起しやすくなったり快感を得やすくなるため、オナニーで足ピン癖がある方にもおすすめです。

 

釣瓶落とし

女性の足を抱え上げるようにして挿入する正常位の一種で、女性が足を閉じているため締まりが良く快感を得やすいのが特徴です。

 

正常位で挿入してから足を持ち上げるとやりやすいですが、お互いに体力を消耗するのが少しネックです。

 

敷き小股(しきこまた)

寝バックとも言われる体位で、女性が足を閉じるため締まりが良く快感を得やすい体位の一つです。数ある体位の中でも一番女性のお尻の柔らかさを感じることのできる体位で、お尻好きの人にはおすすめです。

 

ただ挿入が浅くなるため、萎え気味だと抜けやすいの注意点です。

 

顔の見えない体位

緊張だったり不安が原因で勃起が持続できない方におすすめなのが、顔の見えない体位です。お互いの顔が見える状態だと、それだけで潜在的にプレッシャーを感じることになります。

 

男性は相手に自分の顔が見られていないと感じるだけで少し緊張が和らぎます。そのため体位とは違いますが、電気をかなり薄暗くするのも有効です。

 

勃起の持続力アップには体質の改善が一番重要ですが、このようなテクニカルな部分も覚えておきましょう。

勃起を持続させるには

勃起を持続させるには3つのポイントを抑えることが大切です。どうしても勃起力だけに目が行ってしまいがちですが、実はそれだけでは効率的ではないのです。

男性ホルモンのテストステロンを増やして性欲をアップさせたり、精子を増やして精力をつけることで勃起の持続力を飛躍的に上げることができます。

3つのポイントを抑えれば勃起の持続力を上げるどころか、立て続けの2回戦目も夢ではありません。勃起力は精子の量、性欲の強さなどを含めた総合力で決まります。

勃起を持続させる方法とは!?