夜は勃起力が弱い?

どんなカップルでも夜にセックスすることの方が多いのではないでしょうか。仕事などがあるとたっぷり時間をとれるのは夜だけという理由や、暗い方がいいという方もいらっしゃるかもしれません。もしくはセックスは夜するものという既成概念のせいかもしれませんね。

 

ですが夜がセックスに適しているかと言うと必ずしもそうではないのです。平日にせよ休日にせよ夜が一番体力が減っている時間帯で、基本的には身体は休息を求めます。もちろん疲れている状態で夜を迎えれば眠気にも襲われて、性欲よりも睡眠欲が高まってしまうこともありますね。

 

また食後なので身体が重かったり、血液が胃に回ってしまって頭がぼーっとしたりと集中できなくなる要素が実は多いのです。さらに男性ホルモンであるテストステロンは寝ている間に回復するため、寝る前が一番テストステロン値が下がっている時間帯なのです。

朝セックスのメリット

テストステロンは寝ている間に回復するため、必然的に起きた直後が一番テストステロン値が高い状態となります。

 

もちろん起き抜けに激しく運動するのは辛いですが、それは目覚めの問題で体力はMAXの状態です。疲れているからとか寝たいから勃ちづらいということがなく、夜よりも遥かに元気な状態でセックスに挑めるわけです。

 

さらに男性であれば朝勃ちがあるため、その勃起をキープしたままセックスに臨むことができますから朝セックスはメリットばかりなんですね。

 

またこれは男女ともにいえることですが快楽を高める「ノルアドレナリン」は朝に分泌が多いため、朝のセックスの方が夜よりも互いに感じやすくなるというメリットまであります。

 

最近夜以外でセックスしていないという方は、休日にでも朝セックスを是非試していただきたいです。

注意点

朝セックスの注意点はいくつかあります。まず一つが口臭ですね。起きた直後、特に朝食や歯磨きの前は1日で一番口臭が強い時間帯になりますから、あんまり濃厚なキスは避けたいところです。

 

また起きてそのままセックスの場合は、途中で尿意を感じてしまう可能性があります。男性の場合尿意を感じると萎えてしまったり、また快感を感じることができなくなってしまうことがあるので、トイレくらいは済ませておいたほうがいいかもしれません。

 

ですがこれらの注意点を差し引いても朝セックスのメリットは、性欲も勃起力も快感も向上している素晴らしい状態なので試してみる価値は十分あるかと思います。

勃起を持続させるには

勃起を持続させるには3つのポイントを抑えることが大切です。どうしても勃起力だけに目が行ってしまいがちですが、実はそれだけでは効率的ではないのです。

男性ホルモンのテストステロンを増やして性欲をアップさせたり、精子を増やして精力をつけることで勃起の持続力を飛躍的に上げることができます。

3つのポイントを抑えれば勃起の持続力を上げるどころか、立て続けの2回戦目も夢ではありません。勃起力は精子の量、性欲の強さなどを含めた総合力で決まります。

勃起を持続させる方法とは!?