連戦での持続力

1回戦目は問題なく持続できるものの、2回戦目となると最後まで持たないという方は多いのではないでしょうか。

 

人によっては2回戦目は勃起しないケースも多いので、勃起するだけでも大したものですがせっかくならフィニッシュまで行きたいところですよね。

 

サプリなどで勃起力を高めておくことはもちろんですが、2回戦目のコツは精子を貯めておくことと、陰茎を敏感にしておくことの2つです。

精子を貯めておく

まず大切になるのは2回目でも十分な射精量があるかという点です。そもそも勃起の目的はセックスをして妊娠させるために起こるものです。

 

2回目になると勃起しなかったり持続できなくなったりするのは、精子がないためにセックスする目的がなく本能が勃起を求めないからです。賢者タイムは精子が空っぽになるために起こるのです。

 

なので亜鉛やアルギニンによって精子と精液の生産量を増やし1回の射精で使い切れないほどの量を貯めておくか、数十分の休憩で急速に精子と精液を作れる精力を身につけておく必要があります。

 

また別な方法としては射精を力むことで止める方法があります。普通射精は何度も脈打つことで出し切ろうとしますが、これをギュっと力んで1回の脈打ちだけで止めます。

 

すると精子が出来らないため、射精した後も休憩を挟むことなく勃起を続けることができます。実際AV男優の方もこの方法で連続して勃起させているようです。

 

ただかなり力む必要があるため多用しすぎで鼓膜が破れてしまった方もいるらしいので、理想は精子を貯めたり生産スピードを上げることです。

感度を上げる

もう一つのポイントは陰茎の感度を上げておくことです。2回目になると性的興奮はやや落ち着いて勃起しても、快感を感じずづらくなってしまいます。

 

持続的に快感が得られないと段々と萎えて中折れしてしまったり、刺激を受けても勃たないということになります。

 

ではどうやって感度を上げればいいかと言うとオナ禁です。基本的にオナニーは陰茎を鈍感にしてしまいます。

 

手でしごくようにするのが一般的なオナニーですが、手で握る刺激はセックスの刺激を上回ります。なので手の刺激になれてしまうと、膣の刺激に対してどうしても鈍感になってしまうのです。

 

実際遅漏気味の方はオナニーが原因であることが多いのです。なのでもし連戦を望むのであればオナ禁をしておくことをお勧めします。

 

またどうしてもオナニーが我慢できなければ、手ではなくオナホールなど少しでも膣に近い触感でのオナニーの方がいいでしょう。

 

こうして感度を上げ快感を感じることができれば、自然と勃起は保てるようになってきます。精子を増やしてオナ禁をすれば2回戦3回戦も夢ではありません。

勃起を持続させるには

勃起を持続させるには3つのポイントを抑えることが大切です。どうしても勃起力だけに目が行ってしまいがちですが、実はそれだけでは効率的ではないのです。

男性ホルモンのテストステロンを増やして性欲をアップさせたり、精子を増やして精力をつけることで勃起の持続力を飛躍的に上げることができます。

3つのポイントを抑えれば勃起の持続力を上げるどころか、立て続けの2回戦目も夢ではありません。勃起力は精子の量、性欲の強さなどを含めた総合力で決まります。

勃起を持続させる方法とは!?