勃起が萎えてしまう原因

勃起が萎えてしまう原因は大きく分けて、精神的なものと身体的なものに分けることができます。精神的なものは若い方に多い傾向があり、身体的なものは年齢を重ねるごとに発現しやすくなります。

 

ただどちらか一つが影響しているのではなく、多くの場合はいくつかの原因が重なり合って勃起力が低下しているケースが多いのです。若い方でも食生活などによって身体的な理由によって萎えてしまうこともありますし、年齢を重ねた方でもストレスなどでなえることもあります。

 

ここではわかりやすくするために大きく心因性と器質性に分けて、勃起が維持できない原因となるものを簡単に説明していきます。

心因性(精神的なもの)

心因性の原因に関しては内容は人それぞれで、なかなか特定が難しいとも言われています。代表的な例で言えばストレスですが、何をストレスに感じるかは人によって違うため特定が難しいのです。

 

またマンネリや義務的なセックスだと性的興奮状態になれない・維持できないケースもあります。心因性のものに関しては自分と相手の間に原因があることも多く、原因そのものを取り除くのが難しいことも多くあります。

 

ただマンネリしていようが義務的だろうが、勃起を維持できる人は多くいるので決してあきらめる必要はありません。

ストレスや緊張

若い方に多いのが経験の浅さからくる緊張などで、勃起を維持できなくなるケースです。「これをしたら嫌われるかな」とか「相手は今どう思っているかな」とか「上手く入らない」などで、緊張や焦りが出てしまい性的興奮状態から解けてしまうのです。

 

他にも多いのが一度途中で萎える経験をしてしまうと「今回も萎えちゃったらどうしよう」とセックス中に考えてしまい、興奮から醒めてしまうケースです。

 

また仕事のストレスが強いと自宅に帰っても緊張状態が続いてしまい、同じく性的興奮を保てなくなります。脳が性的興奮状態になるためには、副交感神経優位のリラックス状態であることが必要ですから、ストレスは勃起の大きな妨げになります。

義務的なセックス

代表的な例は子作りのために排卵日のみセックスをするというパターンです。本来性的興奮は本能からくるものですが、このような管理されたセックスは本当とは逆の理性を使うものです。そうすると勃起を持続できないどころか、そもそも勃たないということも発生しやすくなります。

 

またマンネリしたセックスでも勃起の持続力が落ちることがあります。いつもと同じ相手と同じ場所で、同じ体位で、同じ順番ですることに飽きてしまい興奮を覚えなくなってしまうのです。

器質性(身体的なもの)

年齢を重ねるごとに発現しやすくなるのが、器質性の中折れなどです。とはいえ生活習慣や体質などで個人差はあり30代後半で発現する人もいれば、60代でもバリバリ現役という方もいます。

 

考え方としては筋肉と同でしっかり管理していれば年齢を重ねても維持できるように、精力に関してもしっかり管理していれば維持することができます。歳だからと言って諦めるのは尚早です。

男性ホルモン低下

男性ホルモンの一種テストステロンは勃起力に加え、精子の生成や性欲を生み出すホルモンですが20代後半から徐々に減退していきます。歳をとると性欲自体が落ちるのは、テストステロンが低下しているからですね。

 

またテストステロンは精力の他に筋力も影響しています。男性が女性より筋肉質なのは、テストステロンの働きによるものです。低下を食い止めるのには運動する習慣を身につけることと、アルギニンや亜鉛などの栄養素をしっかりと摂ることです。

血管の老化・血流の悪化

勃起するには陰茎にある血管が拡張する必要がありますが、動脈硬化と言って血管が硬くなると拡張しずらくなり勃起を持続できなくなります。動脈硬化は年齢とともに進行するほか、高血圧だと進行が早まります。タバコやお酒、高コレステロール、塩分等は動脈硬化を促進させます。

 

また高コレステロールの食事を多く摂ると、高脂血症と言って血液がドロドロの状態になります。すると陰茎ある細い血管に血液がスムーズに流れ込まないために、勃起しずらくなってしまうのです。生活習慣は勃起の持続力に大きく影響を与えてしまいます。

まとめ

勃起が萎えてしまう原因の代表的な例を上げましたが、人によってはこの他にもある可能性があります。そしてたとえ原因がわかっていたとしても、簡単には取り除けない場合も多くあることでしょう。

 

だからこそ精力を強化し、多少のストレスや男性ホルモンの低下などを跳ね返せる体づくりが必要なのです。事実プレッシャーが多少かかろうが、仕事で疲れていようがセックスできる男性は多くいるのです。

 

原因が多岐にわたるため原因の排除にこだわるのではなく、精力の強化することが近道となる場合がほとんどです。

勃起を持続させるには

勃起を持続させるには3つのポイントを抑えることが大切です。どうしても勃起力だけに目が行ってしまいがちですが、実はそれだけでは効率的ではないのです。

男性ホルモンのテストステロンを増やして性欲をアップさせたり、精子を増やして精力をつけることで勃起の持続力を飛躍的に上げることができます。

3つのポイントを抑えれば勃起の持続力を上げるどころか、立て続けの2回戦目も夢ではありません。勃起力は精子の量、性欲の強さなどを含めた総合力で決まります。

勃起を持続させる方法とは!?